エステ向け 電子カルテ「リピクル」

エステ事業者 の声から生まれたリピクルが、
施術管理・顧客データ管理・集客施策管理など事業者様が悩める
日々の経営の課題をオールインワンで解決いたします。

美容サロン

2022.03.16

エステサロンの集客で大切な事ととは?さまざまな集客方法をご紹介!

思ってたように客が集まらない。オープン時は賑わったがリピーターが増えない。近くに競合エステサロンができたなど、集客に関する悩みをもっているサロンは少なくありません。集客作業を行っているのになぜ効果が出ないのでしょうか。
エステサロンで行うべき、効果的な集客方法についてご説明します。

集客作業の基礎になるもの、効果を出すために必要なものとは?

集客を考えるうえで、やみくもに人を集めようとしても無理があります。集客には絶対的な手法があるわけでなく、それぞれのエステサロンにマッチした集客方法を考える必要があるのです。

ではその基礎になるものは何でしょうか。まず、自身のエステサロンの特長を確認してみましょう。他のサロンより優れていると思える点をあげてみましょう。自分自身が優れていると思うだけでなく、顧客がメリットだと思っている点をあげるのが重要です。
次に、どのような客層にきてもらいたいかを考えてみましょう。
集客のターゲット層を明らかにすれば、その層にマッチするアプローチ方法選択することができます。とにかく多くの人に来て貰いたいからと、ターゲット層を絞り込まずにいると、訴求力の低い集客方法となってしまいます。
また、サロンの顧客はリピーターになっているでしょうか。集客というと新規顧客獲得に注目しがちですが、リピーターになって貰えれば、その分が集客につながります。すでにある顧客データも、集客に役立つ重要なデータなのです。
最後に商圏に関するリサーチも欠かさないようにしましょう。開業時のリサーチから年々地域は変化していきます。道路や大型商業施設の建設などで人の流れが変わったり、マンションや住宅地分譲ができると人口も変化します。商圏に関する情報は日ごろから注意して、状況の変化に対応できるようにしておきましょう。

地域を対象にした集客方法で効果的なものとは?

まず、エステサロンの商圏を考えてみましょう。住宅街、ビジネス街、繁華街など、ターゲットとする客層によって立地条件は異なりますが、どのような商圏であってもその地域にサロンの存在を知ってもらうことが大切です。

チラシ

チラシには新聞折り込みとポスティングがあり、地域に告知する手段としてよく利用されている方法です。新聞折り込みは販売店ごとに配布地域が決まるのに対し、ポスティングでは配布地域を細かく決めることができます。チラシはオープン時だけでなく、キャンペーン時など定期的に配布するほうがよいでしょう。住宅街でサロンを営業している場合、各戸別に配布されるチラシは効果的です。

看板、広告看板など

看板は建物に設置するもののほか、店舗前面の置き看板なども有効利用しましょう。店舗前の通行量が多い場合は、定期的に置き看板の内容を書き換えるようにし、再度注目してもらえるようにすると効果的です。
また店舗が2階以上にあり、通行人から入口看板が見えづらい場合は、窓を利用した看板などを検討してみるのもよいでしょう。ビジネス街など広い商圏をターゲットにしているなら、広告看板のスペースも集客方法として有効です。

エステサロンだからこそ極めたい!インターネットを利用した集客方法!

エステサロンに行ってみたいと思ったとき、人は何を基準に店舗を決めているのでしょうか。
急に虫歯が痛み出したとき、掛かりつけ医がいなければ、近くの歯科医を受診するでしょう。しかしエステサロンの場合、緊急に施術が必要なわけではありません。それよりもサロンはどんな雰囲気か、どのような施術を行っているか、口コミの評判はどうかなどを気にする人が多いのではないでしょうか。
エステサロンの見込み客は、少し遠くても評判のいいところに行きたい、自分に合った施術を行っているところに行きたいと考えています。そのため現在では、インターネットで事前に検索してから訪れる人が多くなりました。
インターネットで検索することで、店舗の場所や施術内容のほか、口コミ情報も簡単に知ることができます。そのためエステサロンの集客にとって、インターネットの活用は無くてはならないものになっています。

ホームページ

情報発信の中心となるものです。エステサロンの特長をすべて掲載でき、サロン内の雰囲気や施術について詳しく説明することができます。近年ではデザインのひな形があり、簡単にホームページを作成できるサービスも存在してます。

SNS

ホームページを持たず、SNSで情報発信をする事業者も増えています。情報発信がすぐに行えるうえ、顧客にフォロワーになってもらえば、そのままリピーターになってもらえる可能性があります。Facebook、Twitter、Instagram、LINEなどが主なものですが、それぞれ特徴がありますので、サロンのターゲット層に見合ったSNSで発信することをお勧めします。

美容系検索サイト

登録、運営費用は掛かりますが、場所や施術などで絞り込み検索ができるようになっています。またサイトによってはインターネット上で予約することが可能です。口コミ項目もあり、美容に関心の高い層の利用が目立つようです。

Googleマイビジネス


グーグルの無料のサービスで、地図上にある自分のエステサロンの項目に、営業時間や休日を記載することができます。

エステサロンの集客方法はいろいろな種類がありますが、ターゲット層を絞り込むことで、効率のよい情報発信を行うことができます。効果的な方法を選ぶためにも、来て欲しい客層をしっかりを把握ましょう。