エステ向け 電子カルテ「リピクル」

エステ事業者 の声から生まれたリピクルが、
施術管理・顧客データ管理・集客施策管理など事業者様が悩める
日々の経営の課題をオールインワンで解決いたします。

美容サロン

2022.03.16

エステサロンのリピーターを増やして集客アップ!顧客をリピーターにするには?

集客を考える上でリピーターの存在は大切です。新規客が一定数いたとしても、リピーターが増えないかぎり、客数の右肩上がりは見込めないでしょう。
どこのエステサロンも、リピーター率を上げたいと試行錯誤しています。リピーターが増えない原因を考え、増やすためにはどうすればいいのか、その方法をご説明します。

その接客で大丈夫?リピーターを逃す理由とは?

数多くあるエステサロンの中から、わざわざ選んで来ていただいたのに、リピーターになってもらえない理由とは何でしょうか。
総合的にいうと満足を得られなかったから、ということになります。施術のスキルが低い、施術の効果が感じられないなど、理由が施術にある場合は簡単です。技術のレベルアップをはかることで問題は解決します。
難しいのは問題が技術以外にある場合です。エステサロンには、多く人が快適でリラックスした空間の中で、特別な時間を過ごすという充足感を求めてやってきます。施術が満足のいくものだったとしても、充足感を得られなければリピーターになってもらうのは難しいです。
充足感を感じさせる一番の要因はスタッフの対応です。エステサロンはスタッフと顧客との距離が近い業種です。マニュアル通り対応しているからと安心して、あまり注意を向けずなおざりになってはいないでしょうか。
顧客ひとりひとりに合わせた接客は、特別感を与え感動をよびます。丁寧なカウンセリングや悩みに応じたアドバイスなど、細かなカルテを作り対応することで顧客に寄り添った接客を行うことができます。
自身の状態を一番よく知っていて、親身になって相談に乗ってくれると分かれば、顧客は安心してリピーターになってくれるでしょう。

エステサロンの利便性をアップする!顧客データも有効利用!

気配りができ、顧客の気持ちに寄り添う接客ができれば、次は利便性をアップすることを考えましょう。
エステサロンでは施術を行う際に予約制を採用しているところがほとんどですが、ぜひインターネット上で予約が完了できるようなシステムを導入しましょう。電話予約とは異なり、営業時間以外でも予約の受付ができるので、顧客にとって利便性が高まります。スマートフォンの普及もあり、サロンのホームページか美容系検索サイトから予約できるようにするのをおすすめします。

また、顧客にリピーターになってもらうには、定期的にひとりひとりに情報を発信することが必要です。通常のメールマガジンのほかに、顧客データの情報を使い、ハガキやメールでキャンペーンのお知らせやクーポンの発行などを行うと効果的です。その場合一斉にハガキやメールを出すのではなく、顧客にあったカテゴリー別に情報発信することにより、一層の特別感を与えることができます。「お誕生月クーポン」「敏感肌の方へ特別キャンペーン」などがそれにあたります。顧客が貰ってうれしい、メリットを感じられるような情報発信を行いましょう。

集客の中心となるリピーターになってもらうために


リピーターとはその本人が集客数を増加させているだけでなく、新たな顧客を呼び込む足掛かりとなってくれる人たちです。
サロンに満足感を持っているリピーターは、他者に「良いエステサロン」として推薦してくれる可能性をもっています。
リピーターが新規顧客を紹介してくれた場合は、両者に記念品やクーポンを渡すなど、リピーターを大切にする制度を作っておくとよいでしょう。
またリピーターに対する特典として、ポイントカードや回数券などで特典をつける方法もあります。
長くリピーターでいてもらうために、より一層の気配りで信頼関係を築きましょう。

エステサロンは顧客と密接に触れ合う業種のため、接客の質が特に重要になってきます。リピーターとなってもらい、長いお付き合いができるよう、ひとりひとりに向き合った接客を心掛けるようにしましょう。